Categories
ギャンブル

ビジネスとギャンブル

本記事では、ビジネスとギャンブルの類似性についてお話します。ほとんどの株式トレーダーは、自分たちがギャンブラーよりも一生懸命働いていると思っているため、マカオやラスベガスのカジノギャンブラーと比較されることを嫌がりますが、そこにはかなりの共通点があります。初めに、ビジネスで成功を収める取引について理解する必要があります。取引とは、ビジネスにおいて、お金の流れを増やす手段だとよく言われますが、基本的には、持っているお金で将来的にもっと増やそうとギャンブルしているのです。

ビジネスで取引をする際に勝算を見ますが、それはカジノでやっていることの本質です。つまり、勝ち目の計算です。この側面で、ギャンブラーと非常によく似ています。取引でも、もうけられる保証がないのと同じように、ギャンブラーが特定のゲームを選ぶときに勝つ保証はありません。結局、すべてのカジノ店は過去に負けた人が落としたお金で成り立っています。カジノは、負けた顧客のお金で成長し、拡大するので、ことわざのとおり、「カジノでは常に店が勝つ」のです。成功したければ、自分にとって有利になる勝算の操り方を学ばねばなりません。勝算の管理を勉強するためにカジノで遊ぶことは、ビジネスをする上でいいアイディアかもしれません。ギャンブルのテクニックから、ビジネスにおけるうまい取引を学ぶはずです。

ゲーム

カジノ店のように勝ち目を増やすには、どのようにすべきか考えていることでしょう。ギャンブルは間違いなく負けのビジネスだと多くの人は信じていますが、自分自身にまで当てはめる必要はありません。役に立つヒントを挙げてみます。

カジノ店は、店側に利益が出るゲームを選びます。ハウスエッジとは、常に店側が有利な立場にあるということを理解すべきです。ビジネスでは、より少ない機会で、より可能性の大きい取引を目指す必要があります。また、損失が大きくなりすぎないよう、カジノではテーブルリミットを設けているように、ビジネスにおいても、決定的な強みを保つためのお金は守らなくてはなりません。

ギャンブラー

ほとんどのカジノ店は、収益性重視して一日中営業しています。ビジネスでも同様にすべきです。